特約をつける

保険は若いうちに入ることをお勧めします。それは保険料が若いうちに入っていれば安く済むからです。もちろん途中の人生で見直しをする事も大切ですが、もし見直しをして入り直すと20歳の時と30歳の時では同じ保障でも保険料は1万円ほど違う場合があるからです。

保険の見直しで重要な事はどの部分を増やすか減らすかも大事ですが、掛け金が極端に増えてしまっては家計を圧迫してしまいます。基本の保険を変えずにその時必要な保険をプラスしていく事も大事な見直しの一つです。

では具体的にプラス出来る保険とは何があるのでしょうか?例えばガンになった時には普通の医療保険で賄える範囲が限られてきます。先進医療を受ける場合多いと1000万円掛かります。一般の医療保険では到底賄えない金額です。医療保険での手術の一時金はガンで出ない場合もあります。そこでガン保険を新たにプラスすれば特約で先進医療の保障が付きお金の心配なく治療が受ける事が出来ます。もちろん手術にも適応しているので安心です。

このようにライフプランに合わせて、保険の特約をプラスしていけば金額が跳ね上がる事もなく安心が得る事が出来ます。増やす場合の見直しを考えるタイミングは早めに考える事をお勧めします。

見直しのタイミングは

ライフスタイルの主な分岐点は、結婚、出産、子育て、子供の独立、退職、老後となります。まずは独身時代に入る保険は大体が医療が充実している医療保険と万が一の為の死亡保険になります。親が掛けている保険をそのまま引き継ぐなども多いと思います。そこから結婚をした時に一度保険の見直しをしてみてください。まずは共働きか夫が働くかにより重視するところが違います。万が一死亡した時にその後の家族の保障が大切です。お葬式代だけあればなんとかなるものでもありません。この先の生活する上で必要な金額も違ってきます。

子供がいる場合は生活費、養育費プラス法事のお金も掛かってきます。そして子供が小学生なのか中学生、高校生、大学生でも違ってきます。残された家族の生活環境で収入がどの程度になるかによって違ってきます。子供が独立した場合は、教育費が掛からなくなるのでここも保険の見直しする分岐点です。

年を取ると誰しも病気になり入院にするリスクが増えていきます。死亡保障より医療保障を充実させたり、特約を付けて手術の時に困らないようにする事も大切です。保険に入っていればすべてが賄えるわけではありませんが、入っていることで万が一の時の生活に安心できるようになります。

保険見直しを考える

保険といえば生命保険、車両保険、傷害保険など様々な保険があります。一度入ってしまった保険は一生変えられないわけでも、変えてはいけないわけでも有りません。ライフスタイルに合わせて保険を見直す事はとても大切な事です。

独身時代から結婚して子供が生まれて家族が増えたらやはり保障の重点が変わってきます。そして家族の中で夫婦共働きか、夫が働き妻が専業主婦かにもよって保障を考えなくてはなりません。どの部分の保障を重点的に考えるべきなのか。医療保険にも保険会社により保障の範囲も支払う金額、万が一の場合に支払われる金額も差が出てきます。同じ保障でも年齢によって保険金額が変わってしまいます。他にも特約を付ける事で充実した保険になる場合もあります。

今働いている会社の団体保険に加入すると、保険料の割引が受ける事が出来金額が抑えられる場合もあります。会社経由の団体保険に入ると中々細部までの注意書きや補償内容をみr事がないので一度じっくり目を通す必要があります。

他にも独身時代に会社の保険に入って、退職するまでそのまま一度も見直ししない場合もしかして保険会社の規定が変わって保障内容が変更になってしまえば自分が思って居た保障を受ける事が出来ません。ライフスタイルが変わったら是非とも保険見直しをしてみてください。見直す事によって保険料が安くなって家計が助かったり、入院など万が一の時にお金がなくて家族が困ることも無くなります。