見直しのタイミングは

ライフスタイルの主な分岐点は、結婚、出産、子育て、子供の独立、退職、老後となります。まずは独身時代に入る保険は大体が医療が充実している医療保険と万が一の為の死亡保険になります。親が掛けている保険をそのまま引き継ぐなども多いと思います。そこから結婚をした時に一度保険の見直しをしてみてください。まずは共働きか夫が働くかにより重視するところが違います。万が一死亡した時にその後の家族の保障が大切です。お葬式代だけあればなんとかなるものでもありません。この先の生活する上で必要な金額も違ってきます。

子供がいる場合は生活費、養育費プラス法事のお金も掛かってきます。そして子供が小学生なのか中学生、高校生、大学生でも違ってきます。残された家族の生活環境で収入がどの程度になるかによって違ってきます。子供が独立した場合は、教育費が掛からなくなるのでここも保険の見直しする分岐点です。

年を取ると誰しも病気になり入院にするリスクが増えていきます。死亡保障より医療保障を充実させたり、特約を付けて手術の時に困らないようにする事も大切です。保険に入っていればすべてが賄えるわけではありませんが、入っていることで万が一の時の生活に安心できるようになります。

コメントは停止中です。