特約をつける

保険は若いうちに入ることをお勧めします。それは保険料が若いうちに入っていれば安く済むからです。もちろん途中の人生で見直しをする事も大切ですが、もし見直しをして入り直すと20歳の時と30歳の時では同じ保障でも保険料は1万円ほど違う場合があるからです。

保険の見直しで重要な事はどの部分を増やすか減らすかも大事ですが、掛け金が極端に増えてしまっては家計を圧迫してしまいます。基本の保険を変えずにその時必要な保険をプラスしていく事も大事な見直しの一つです。

では具体的にプラス出来る保険とは何があるのでしょうか?例えばガンになった時には普通の医療保険で賄える範囲が限られてきます。先進医療を受ける場合多いと1000万円掛かります。一般の医療保険では到底賄えない金額です。医療保険での手術の一時金はガンで出ない場合もあります。そこでガン保険を新たにプラスすれば特約で先進医療の保障が付きお金の心配なく治療が受ける事が出来ます。もちろん手術にも適応しているので安心です。

このようにライフプランに合わせて、保険の特約をプラスしていけば金額が跳ね上がる事もなく安心が得る事が出来ます。増やす場合の見直しを考えるタイミングは早めに考える事をお勧めします。

コメントは停止中です。